ホルモン不足で貧乳にならないためにバストアップしよう

美容整形の現状

ホルモン不足で貧乳にならないためにバストアップしよう

バストのサイズが決まる原因としては様々な説がありますが、その一つとして、「ホルモン」というのは関わりが深いです。自然に胸が大きくなるのは、基本的に女性だけですよね。こういった体型の違いは、男性と女性でホルモンの働きが違うからこそ起こりえるものです。

では、女性のバストアップに関わるホルモンはどんなものがあり、どんな働きをするのか見ていきましょう。

まず1つ目は、エストロゲンです。エストロゲンは、排卵や月経を起こしたり、皮膚や体のはりや柔らかさを保つコラーゲンの生成を促すホルモンです。

無理なダイエットで栄養不足になったり、強いストレスが続いたりすると、エストロゲンがうまく分泌されず、豊かなバストを保つための体の機能がうまく働かなくなってしまいます。

もう一つ、バストアップに関係の深いホルモンは、成長ホルモンです。個人差はありますが、小学校の低学年〜12歳あたりまでは、成長ホルモンの働きが重要になってきます。

なにが重要かというと、成長ホルモンはバストの基礎となる、骨格や乳腺を形成するのに不可欠だからです。成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されるので、子供のうちに夜更かしをしすぎるのはバストアップにもあまり良くありません。

このようにホルモンはいつでも出るわけではないというのが、もどかしいところです。最近はおとなになってからでも、しかもいつでもバストアップできるバストアップクリーム(bustup-cream.com)なんかも出てきているようですね。

世の中便利になったものです。
copyright(C)美容整形の現状